ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の被保険者が交通事故にあったとき、保険診療は受けられますか

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

後期高齢者医療制度の被保険者が交通事故にあったとき、保険診療は受けられますか

質問

後期高齢者医療制度の被保険者が交通事故にあったとき、保険診療は受けられますか

回答

交通事故など、第三者の加害行為によって傷害を受けた場合、届け出をすれば保険診療を受けることができます。
保険診療を受けたいときは、必ず保険医療課へ届け出をしてください。
○届け出に必要なもの
1.印鑑
2.保険証
3.第三者の行為による被害届一式(用紙は保険医療課にあります)
4.交通事故証明書(原本または原本照合したもの)
○注意事項
加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると、保険診療が受けられなくなる場合があります。示談をする前に必ず保険医療課へご相談ください。
交通事故に限らず、第三者から傷害を受けた場合、医療費は加害者が負担するのが原則です。したがって、保険診療を受けたときの医療費は後日、保険者が被害者に代わって加害者に請求することになります。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?