ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 保険 > 高額療養費の限度額適用認定証について知りたい(70歳未満)

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

高額療養費の限度額適用認定証について知りたい(70歳未満)

質問

高額療養費の限度額適用認定証について知りたい(70歳未満)

回答

平成19年4月1日から70歳未満の人が入院したときの医療機関の窓口の支払いが自己負担限度額までになる制度がはじまりました。
この制度を受けるためには限度額適用認定証を保険証に添えて医療機関に提示する必要があります。
なお、外来や複数の医療機関での支払いで自己負担を超える場合は、これまでどおり申請により、あとからの支給になります。
70歳以上の人は保険証および高齢受給者証で同様の扱いとなりますので申請手続きは不要ですが、住民税,非課税世帯の人はさらに減額が受けられますのでこの認定証の申請をしてください。
■申請手続き
保険証をご持参のうえ、市役所保険医療課へ申請してください。
所得が不明の人や他の市町村から最近転入した人は、課税証明書が必要な場合があります。
市・県民税非課税世帯の人で過去1年以内に入院日数が90日を超える場合は入院日数を確認できる領収書が必要です。
医療機関に認定証を提示しない場合は、医療機関へ自己負担分を全額支払い、後日申請により高額療養費の支給を受けていただくことになります。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?