ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 福祉医療 > 子ども医療・ひとり親家庭等医療・心身障害者医療の助成を受けていますが、医療機関の窓口で(医療保険の)自己負担額を支払うのが困難な場合はどうすればいいか

ここから本文です。

更新日:2013年7月31日

子ども医療・ひとり親家庭等医療・心身障害者医療の助成を受けていますが、医療機関の窓口で(医療保険の)自己負担額を支払うのが困難な場合はどうすればいいか

質問

子ども医療・ひとり親家庭等医療・心身障害者医療の助成を受けていますが、医療機関の窓口で(医療保険の)自己負担額を支払うのが困難な場合はどうすればいいか

回答

まずは、ご加入の医療保険から限度額適用認定証(医療機関の請求額を所得や年齢に応じて決められた自己負担上限額でとめるためのもの)の交付を受けてください。限度額適用認定証を使用してもなお、お支払いが困難な場合は、福祉医療費資金貸付制度がありますので、詳しくは市役所保険医療課にお問合せください。
※貸付には所得制限、利用額(保険の自己負担額が1万円以上30万円未満)などの条件があります。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-47-2640

ファックス番号:0744-24-9705

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?