ホーム > よくある質問 > 保険・年金 > 福祉医療 > 子ども医療・ひとり親家庭等医療・心身障害者医療の助成方法について知りたい

ここから本文です。

更新日:2018年8月30日

子ども医療・ひとり親家庭等医療・心身障害者医療の助成方法について知りたい

質問

子ども医療・ひとり親家庭等医療・心身障害者医療の助成方法について知りたい

回答

〈県内の医療機関の場合〉
受診時に医療機関の窓口で健康保険証と医療費受給資格証を必ず提示し、いったん自己負担額をお支払いください。医療機関から市に受診データが届くので、お支払いされてからおよそ3~4か月後の月末にご指定口座に医療保険の自己負担額から一部負担金を除いた助成金が振込まれます。(自動償還)
※保険請求に係る審査がありますので、審査の結果によっては、支給が遅れることがあります。
※一部負担金は、通院の場合1医療機関につき500円(調剤薬局は0円)、入院の場合14日以上の場合は1,000円(14日未満の場合は500円)になります。ただし、子ども医療の小・中学生については、通院は1医療機関につき1,000円(調剤薬局は0円)、入院の場合14日以上の場合は1,000円(14日未満の場合は500円)になります。
〈県外の医療機関、もしくは医療費受給資格証を医療機関窓口で提示できなかった場合〉
ミグランスにある保険医療課に請求してください。請求には、医療費受給資格証・対象者の健康保険証・印鑑・領収証(受診者名・受診年月日・保険点数・保険適用の自己負担金額・医療機関名・医療機関所在地・領収印のあるもの)が必要です。

お問合せ

所属課室:健康部保険医療課

橿原市内膳町1-1-60

電話番号:0744-47-2640

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?