ホーム > ごみ・環境保全 > ごみ・再生資源の分け方と出し方 > 収集できる主な一般家庭ごみ(燃えるごみ)

ここから本文です。

更新日:2016年2月24日

収集できる主な一般家庭ごみ(燃えるごみ)

  • 台所ごみ類
    (料理くず・残飯・茶かす・食品トレイなど)
    (マヨネーズ・油などの容器)
  • 紙くず類
  • 布・革製品(衣類、くつ、カバンなど)
  • 小さなプラスチック製品(概ね一辺30cmまで)
    (ビデオテープ・DVD・CD・カセット・おもちゃなど)
  • 発泡スチロール(細かくして)
  • 雑草、小枝、竹(直径3センチメートル・長さ30センチメートル以内、ただし竹は直径に関係なく長さ30センチメートル以内)、葉

分け方出し方

出す前の注意

  • ごみは橿原市指定ごみ袋に入れて出してください。(その他の袋に入れて出されても収集できません。また、収集できないごみが混入している場合も収集できません。)
  • ごみ袋の口を閉じて出してください。
  • 台所のごみは、水切りを十分にしてください。
  • 分別できるものはきちんと分別し、決められた収集日に出してください。
  • 資源となるごみは無いか、よく確かめてください。
  • 雑草・小枝・竹(直径3センチメートル・長さ30センチメートル以内、竹は直径に関係なく長さ30センチメートル以内)・葉は市指定ごみ袋に入れて出してください。
    多量の場合はクリーンセンター業務課(電話番号:27-0526)まで連絡してください。
  • 発泡スチロールは、細かくして市指定ごみ袋に入れて出してください。

※用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

お問合せ

所属課室:環境づくり部環境業務課

橿原市川西町1038-2

電話番号:0744-27-0526

ファックス番号:0744-27-7452

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?