ホーム > まちづくり > 橿原市のまちづくり > 社会資本総合整備計画の事後評価(~平成25年度)

ここから本文です。

更新日:2014年6月2日

社会資本総合整備計画の事後評価(~平成25年度)

平成22年度に国土交通省より社会資本整備総合交付金制度が創設されました。
特徴としては、これまでの個別補助金を原則廃止し、政策目的を実現するために社会資本総合整備計画(以下、「整備計画」という。)を作成し、基幹的な事業のほか、関連する社会資本整備や基幹事業の効果を高める地方の創意工夫を活かしたソフト事業などを総合的・一体的に整備するものとなっています。
具体的には、政策目標を数値化し、それらを達成するために、基幹事業を中心とした整備計画を策定し、これを公表するとともに国土交通大臣に提出することになっています。(社会資本整備総合交付金交付要綱第8、第10)
そこで橿原市は、整備計画を策定し、平成25年度まで事業を実施してきました。

この度、この整備計画について、目標の実現状況の事後評価を行いましたので公表します。

橿原市今井地区における環境整備および景観向上による魅力あるまちづくり(特定計画)

計画の目標

環濠集落であり国際的にも重要な伝統的建造物群を有する今井町の環境保全および住民の交通安全対策を図る道路整備と併せて、無電柱化を実施し、景観向上を図り、より魅力あるまちづくりを行い、観光に寄与する。

期間

平成21年度~平成25年度

資料

関係課

道路河川課(外1課)


安全・安心で快適な暮らしを支える水環境の整備

計画の目標

河川や水路などの水質を改善し、身近な水環境を良好に維持するために、下水道整備を中心とする水質改善事業に取り組むと同時に、浸水被害を未然に防止するなど、水路改修事業にも取り組み、健全な水循環系の構築を目指す。また、一定の期間を経過した施設の状態を把握し、老朽化による流下機能の阻害や、道路陥没事故などを未然に防止するため、点検・調査に基づいた長寿命化対策を講じる。

期間

平成23年度~平成25年度

資料

関係課

下水道整備課(外3課)


緑豊かな憩いの場の整備~橿原・かしはら~

計画の目標

魅力的、安全安心かつ防災性の高い都市公園整備を図ることにより、地域住民が交流を深る場としてのまちづくりを推進する。

期間

平成22年度~平成25年度

資料

関係課

都市整備課(外2課)

 


 

災害に強く安全で安心な都市公園づくり~橿原・かしはら~ (防災・安全)

「緑豊かな憩いの場の整備~橿原・かしはら~」より一部移行。

計画の目標

公園の持つ防災機能の強化と安全で安心して利用できる公園の確保を図ることにより、災害時にも安全安心なまちづくりを推進する。

期間

平成24年度~平成25年度

資料

関係課

都市整備課(外2課)

 


安心・安全のまちづくりと橿原市らしい快適で良好な住環境の整備

計画の目標

住宅・建築物の耐震化、住宅市街地の防災・防犯対策およびバリアフリー化を推進することにより、安全で安心できる住まい・まちづくりを実現する。

公営住宅など長寿命化計画に基づく建替え事業や今井町重要伝統的建造物群保存地区内において電線地中化事業や街路灯・水路整備事業のほか建物の修景施設整備などを実施することにより、快適な住環境の整備と景観・環境に配慮した橿原市らしい良好な住環境の保全を図る。

期間

平成22年度~平成25年度

資料

関係課

住宅営繕課(外3課)


一部の計画(特定計画)については、従前からの計画を継続しています。


用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:総合政策部地域創造課

橿原市八木町1-1-18

電話番号:0744-21-1117

ファックス番号:0744-20-1528

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?