ホーム > まちづくり > 建築・開発 > 文化財保護法の規定による手続き

ここから本文です。

更新日:2016年7月27日

文化財保護法の規定による手続き

市内で建築・擁壁・盛土・切土などの土木行為を行う場所が埋蔵文化財包蔵地(遺跡)に入っている場合には、文化財保護法の規定による手続きが必要となります。
まずは、計画地が遺跡に入っているかどうかの確認を行ってください。

  • 埋蔵文化財包蔵地の確認は文化財課で行うことができます。
  • 地図をFAXしていただければ、電話でのお問い合わせも可能です。
  • 参考:遺跡地図遺跡地図サムネミニ

 (範囲等変更となる場合もあります。詳細については文化財課にお問い合わせください。)

申請書類一覧

手続き方法、添付書類の詳しい内容は、各項目をごらんください。

書類の審査

書類の審査は奈良県教育委員会が行います。書類審査に一定期間がかかりますので、ご留意ください。審査結果は書類にて通知されます。その内容に応じた現地対応が必要となりますので、橿原市教育委員会文化財課と協議してください。(通知内容:発掘調査/工事立会/慎重工事)

参考書類

用語解説および「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまで問合せ下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問合せ

所属課室:生涯学習部文化財課

橿原市川西町858-1

電話番号:0744-47-1315

ファックス番号:0744-26-1114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?