文字サイズ・色合い変更

お問合せ

  • トップページ
  • 組合について
  • 圏域紹介
  • 事業内容

事業内容

トップページ > 事業内容 > Sing for the Earth in 飛鳥 > WHC(ワールドヘリテージクワイヤ)とは

ここから本文です。

更新日:2014年7月8日

WHC(ワールドヘリテージクワイヤ)とは

本事業「Sing for the Earth in 飛鳥」は、平成22年より12月にコンサートを行っています。

WHC(ワールドヘリテージクワイヤ)は、過去のコンサート参加者を中心に結成され、コンサート以外でも歌を届ける活動を行うため、24名(平成26年7月1日現在)の方が所属し、月2回のレッスンを行っています。

WHCプロフィール

 

 平成24年7月結成。飛鳥・藤原の文化遺産の世界遺産登録を目指して、human noteの指導のもと、歌を通じて飛鳥地方(橿原市・高取町・明日香村)の魅力をPRしていくチーム。飛鳥地方への想いを折り込んで創られた楽曲「Sing for the Earth」を中心にみんなのよく知っている歌を届けることで、世界遺産という難しいイメージを払拭し、飛鳥地方への親しみや愛着をもってもらうことを目指している。平成24年11月23日にイオンモール橿原でデビュー公演を行い、平成25年より、幼稚園や小中学校及び福祉施設、病院等を訪問している。

  WHCアーティスト写真

チーム名について

飛鳥地方は、「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」の世界遺産登録を応援しています。「ワールドヘリテージクワイヤ」は直訳すると「世界遺産聖歌隊」となり、飛鳥地方歌うPR隊となるべく名づけられました。

デビューコンサート

日時:平成24年11月23日(金曜日)14時00分~15時00分

場所:イオンモール橿原1階サンシャインコート

第1部 human noteによるステージ

 デビューコンサートの様子1

まずは、human noteの「フミダシテ」からライブがスタートします。

デビューコンサートの様子2

会場は超満員で、席の周りは立ち見の方で溢れ、また、多くの方が足を止めていました。

デビューコンサートの様子3

会場の後方では、世界遺産とコンサートのPRを行いました。

デビューコンサートの様子4

human noteには、計4曲を披露してもらい、大盛り上がりのまま、WHCのステージへ。

第2部 WHCによるステージ

デビューコンサートの様子5

まずは、「翼をください」から。少し緊張している様子ですが、歌声はしっかり響いています。歌い終わると温かい拍手をいただきました。

デビューコンサートの様子6

次に、「勇気100%」を歌います。観客の方にも楽しそうな雰囲気が伝わり、自然と手拍子がうまれ、みなさん、元気をもらっている様子でした。

デビューコンサートの様子7

曲の間には、しっかりと飛鳥地方の世界遺産のことやWHCの活動についてお話しました。

デビューコンサートの様子8

最後は、human noteと一緒に、「Sing for the Earth」をお聞きいただきました。

 

平成25年からは、福祉施設・養護学校・小中学校や各種イベントで歌の魅力を伝え、世界遺産登録推進の広報や当地域のPR活動を行っております。歌わせていただける場があれば、ぜひとも事務局(橿原市役所企画政策課:0744-21-1108)にお知らせください。また、WHCの活動に興味のある方も事務局までお問い合わせください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。