文字サイズ・色合い変更

お問合せ

  • トップページ
  • 組合について
  • 圏域紹介
  • 事業内容

事業内容

トップページ > 事業内容 > Sing for the Earth in 飛鳥 > human noteによる飛鳥めぐりライブ

ここから本文です。

更新日:2012年8月16日

human noteによる飛鳥めぐりライブ

飛鳥めぐりライブとは?

 平成23年度より、橿原・高市広域行政事務組合では「Sing for the Earth in 飛鳥 」の事業の一環として、音楽をより身近に体験していただくための飛鳥めぐりライブを実施しています。「Sing for the Earth in 飛鳥」の歌のレッスンを担当して頂いているhuman noteのメンバーを中心に、飛鳥地方(橿原市・高取町・明日香村)にある福祉施設・小中学校などの施設を訪問し、歌を届けます。 

ライブ風景のご紹介

平成24年7月13日 高取中学校全学年 

ライブが終わってからメンバーをつかまえて、感動したなどの感想を伝えてくれる生徒がたくさんいました。特に「フミダシテ」という楽曲を気に入った生徒が多かったようで、合唱コンクールでぜひ歌いたいという声も聞かれました。

高取中学校施設巡りの様子1

高取中学校施設巡りの様子2

平成24年2月24日 鴨公小学校4年生 

寺尾さんの呼びかけに、手拍子をしたり、一緒に歌ったりなど、会場が一体となって、盛り上がりました。ケニア支援の様子のDVDを見ている子供たちの目は真剣そのもので、後日かばんを作ってくれました。作られたかばん(右下の写真)は平成24年11月にhuman noteによってケニアへ届けられます。

鴨公小学校施設めぐりの様子1

鴨公小学校施設めぐりの様子2

鴨公小学校施設めぐりの様子3

鴨公小学校施設めぐりの様子4

平成24年2月16日 たかむち小学校5年生

こどもたちのノリがよく、寺尾さんからの質問にも積極的に答えてくれ、ライブが会話をするように進んでいきました。また、ケニアへ届けるかばん作りにも興味を示してくれました。作られたかばん(右下の写真)は平成24年11月にhuman noteによってケニアへ届けられます。

たかむち小学校施設めぐりの様子1

たかむち小学校施設めぐりの様子2

たかむち小学校施設めぐりの様子3

たかむち小学校施設めぐりの様子4

 平成23年11月24日 鴨公小学校5年生

このイベントのために作られた飛鳥地方の曲「Sing for the Earth」を含む5曲の歌を届けました。ライブの最後には、子どもたちがお返しに「believe」を歌ってくれました。

鴨公小ライブ風景02

鴨公小ライブ風景01

鴨公小ライブ風景03

鴨公小ライブ風景04

平成23年11月17日 特別養護老人ホーム あまがし苑

「ふるさと」や「翼をください」など、誰もが知っている曲を中心に、手遊びや簡単な発声なども交えながら行いました。多くの方が一緒に歌ってくださり、みなさんの笑顔が印象的なライブとなりました。

あまがし苑ライブ風景01

あまがし苑ライブ風景02

平成23年10月20日 椿井小学校

椿井小学校では、ケニアの子供たちにプレゼントするためのカバンづくりを行いました。製作されたカバンは、同年11月上旬に human note の活動の一環として、ケニアの子供たちに届けられました。

カバンづくり01

カバンづくり02

椿井小ライブ風景01

椿井小ライブ風景02

平成23年10月9日 橿原夢の森フェスティバル

ステージイベントのラストを飾り、約200名の方に楽しんでいただきました。今年のコンサート参加者の中には、このライブに感動して一緒にステージに立ちたいと申し込んでこられた方もいました。

夢の森ライブ風景01

夢の森ライブ風景02

平成23年8月22日 耳成南幼稚園

歌を届けるだけでなく、human note の海外での活動のDVD観賞も行いました。また、最後に歌った「さんぽ」では、子どもたちも立ち上がり、振り付けを交えて全員で大合唱となりました。

耳成南幼ライブ風景01

耳成南幼ライブ風景02